介護用品は日に日に進化していてどんどん便利で良いものが開発されています。介護する側にもされる側にとっても、よきパートナーになる商品のあれこれをご紹介します。使用されることによって、より多くの余裕や活力が生まれますことを願っています。また、介護用品は介護保険が適用されてレンタルや購入に費用負担が少なくて済むものもあります。ケアマネージャーに相談されると詳しくわかりますし、スムーズに手続きが出来ますが、たとえば、車いす、ベッド、床ずれ防止用具、手すり、歩行器、俳諧感知機器、自動排泄処理装置などがレンタル出来る商品としてあります。ポートブルトイレや入浴補助具の購入も介護保険が使えます。ケアマネージャーにご相談ください。そのほかに便利なものがたくさんありますからご紹介します。

選ばれているものはどんなものでしょうか。

家で使うものとしては栄養価が高く、調子が悪い時でも楽に呑み込めるなめらかなレトルトパウチの食品、様々な味のジュース類があります。ベッドで使うものとしては柔らかな防水シーツ、ベッド上で座るときや寝返りをするとき、足をあげたいときなどに便利な三角クッションがあります。カラフルで好みの色が選べて楽しいです。介護用つなぎ型パジャマは着脱をさせやすいですが、自分ではホックをはずしにくい構造になっているものもあります。認知症がひどく、おむつのいたずらをする場合はこういったものが良いでしょう。シャワーチェアーは背もたれ付きで安定感があり、高さが調節できますし、使用後はふき取るだけで良いので便利です。ポータブルトイレは夜などにトイレに行きにくい時に便利です。

アクテイブに過ごしていただくために

最近は紙おしめもパンツ型のものが沢山でており、美しい柄が入ったものやカラフルなものもあり、普通の下着感覚でつけてもらえます。それはとても重要なことです。安定感のある歩行器も多種類ありますし、ステッキもおしゃれなものが多いです。どんどんお出かけを楽しんでもらいましょう。メガネタイプのルーペは両手があくので安心感があり、便利です。車いすも軽量な上にカラフルで、折り畳めるものが出ており、お出かけに車に畳んで乗せていけます。くつも、滑りにくくて軽く、明るく可愛らしいものも多く出回っています。着脱はしやすいので脱ぎはきが苦になりません。今までご紹介したようなものでご本人に合ったものを積極的に取り入れていただいて、四季の移り変わりなどを感じるのを楽しみに、お出かけをしてもらいましょう。